そもそも国内MBAを取得する意味って

日本でMBAが注目をされるようになったのは、バブル期を迎えた時です。事実、アメリカでは経営幹部候補になるためにMBAは不可欠ともいえ、その傾向が日本でも出始めてきています。

 

ビジネススクールではただMBAプログラムを受講するのみが目的ではありません。しかし現代では再度MBAがブームになり、続々とMBAプログラムを受講する人が増加してきてます。

 

一社員と経営者とでは視点がでっかく異なっていて、この視点が変わるのみでプロジェクトの見方も変わり、さらによい方法性をみつけだすことができます。普通にサラリーマンをしてるのみでは得ることのできない最新コネクションを築き、MBAプログラム修了後も長く継続する人的ネットワークを作ることが出来ます。

 

もし世界的視野を考えているのでしたら、国内MBAを選ぶよりも海外留学をして海外のビジネススクールを選ぶと結構でしょう。一般的には企業に在籍をしているサラリーマンが会社の業務命令によりビジネススクールに通うケースが沢山ですが、MBA取得を目指すために休業をしビジネススクールに専念をする人も多くいます。

 

また経営の総合的な知識を身につける事ができるため、一社員では終わらず、経営幹部として有力視されるようになります。ビジネススクールに通う人は企業の経営幹部として見込まれる優秀な人材が多く、また将来的な目的としてキャリアアップをいう人が殆どデス。

 

長ければ2年間ビジネススクールに通うこととなりますので、様々な人との出会いがあります。世界各国の優秀な人材との出会うことができ、そこから様々なネットワークを世界中に広げていくことが出来ます。

 

つまりMBAはキャリアアップのための大きな材料になること間違いありません。一般的サラリーマンというのは、一つのプロジェクトだけを見てる傾向にあるのですが、MBAプログラムを受講するコトで、経営者の視点で業務を遂行することができるようになります。

 

しかしバブル崩壊と合わせてその傾向も減ることになりました。