そもそも国内MBAを取得する意味って

つまり経営者の感覚を持って仕事を進めていくことですけど、正直な話、一社員が経営者の感覚を持つのは困難なものです。その能力というのは先述をしてますが専門的能力の他に、優れた経営能力です。

 

つまりMBAは、キャリアアップに欠かすことの出来ない学位とも言えるのです。どんなときでも仮借しない局面や問題にたいして本式経営判断をする必要があります。

 

その知識、能力、そして経験を持った人材がMBAホルダーなのです。むしろそれが出来るようであれば、今頃は経営幹部、もしくは候補となっているのではないでしょうか?MBAプログラムは、そのような経営者目線の感覚を手に入れることが出来ます。

 

その変化に耐える事が出来ず、経営が追い込まれてしまう企業も多くあります。苛虐経営環境を乗り越えるためには、優れた経営者が必要不可欠デス。

 

そのような傾向がここ日本でもチョットずつ浸透をしてきてます。ビジネスの世界は日々大きな変化がやってくるものです。

 

しかしアメリカでは年齢はそこまで重視をされなく、能力が重要視されます。しかし企業という一つの集合体の中だけでは迚も限界があって、求められる優秀な人材にまで育て切れていないのが現在の状況です。

 

ビジネススクールではいろいろな業種に対応出来る身に経営能力を付け、社内教育の限界を超えた教育を受けることが出来ます。今企業が求めてるのは、専門性の知識はもちろんの事、企業全体を見通し経営能力にも優れてる人材なのです。

 

日本企業では年功序列が根強く、一つの企業に長く在籍してることで、いつの日か幹部になる事もできます。そこで企業では社内横断的にいくつもの職種や部門を経験させることで、キャリアを積んでいくといった方法が行われてます。

 

上司から「仕事をする時には常に経営者の立場になって物事を考えろ」と…。あなたも経験がありませんか?一社員の場合、自分に与えられた業務を遂行することだけ考えてれば折り入って問題になることはありませんが、経営者のときはそうもいきません。